にぎり酒とアーマラキーの味噌ディップ

0
    先日行った、「土と平和の祭典 2012」で購入した、
    『寺田本家』さんの、「にぎり酒」




    発芽玄米を発酵させて作ったお酒「むすひ」(むすびと読みます)
    その絞り粕が、こちらの酒粕。

    「食物自体が完全で生命力にあふれている」
    その代表とも言える玄米。
    その玄米を発芽させ、微生物達の生命と結ばれて誕生した「むすひ」

    「むすひ」という名前は、宇宙の根元的な生成化育(生み育て)の力を有する
    「産霊(うぶすな)」の意味を持っているそうです。
    このお酒は、「神と人と自然を結ぶ」といった願いが込められているのだとか。

    今年春に永眠された、23代目蔵元当主、寺田啓佐さんの、魂が込められたお酒。
    そして、そのお酒からの、素晴らしい副産物である酒粕「にぎり酒」
    沢山の乳酸菌や酵母の生命が集まっており、まさに、カラダが喜ぶ食品顔

    こくやうまみがたっぷりで、お料理を美味しくしてくれます。

    ある日のランチ。
    大根ステーキと、ねぎのグリルに添えた味噌ディップ



    作り方や分量は、オリジナルの目分量です。
    酒粕「にぎり酒」をごま油で炒め、
    ねぎ、味噌、ごまペースト、きび砂糖、ラー油、
    そして、お馴染みのインドハーブ、アーマラキーを加えました。

    「にぎり酒」を加えることで、うまみと香ばしさがプラスされて、
    本当に美味しい!!

    生野菜に添えてみたり…




    そして、大根の葉を炒めて、ごはんのお供を作ってみました。



    大根の葉と鰹節を、ごま油で炒めて、「にぎり酒」
    醤油、きび砂糖、ラー油、アーマラキーを合わせました。
    あまりの美味しさに、あっという間になくなりましたぺろり


    「発酵していると腐らない」
    寺田本家の、故 寺田啓佐さんの有名な言葉が頭をよぎります。

    私たちのお腹も実は発酵装置。
    お腹の中の微生物は100兆個以上だとか。
    その微生物は、私たち次第で、腐らせもするし、発酵させたりもする。

    お腹の中は腐っているか発酵しているか…
    分かりやすく判断するには、便やおならが臭いと腐っている。
    臭くないと発酵しているそうです。

    腸内には、70〜80%の免疫機能が存在しているそうですが、
    善玉菌が多ければ多い程、免疫機能が沢山働くそう。
    発酵食品を摂ることによって、乳酸菌の働きで、善玉菌が増え、
    免疫機能が高まり、風邪をひきにくくなったり、病気になりにくい
    カラダにしてくれます。

    昔の日本人は、そのことを経験から感じ取り、発酵文化を築かれたのでしょう。


    ところで、お料理の味付け「さ・し・す・せ・そ」の「さ」とは、
    本来砂糖ではなく、「酒」だったそうです。
    塩以外は、全て醸造発酵調味料。
    微生物のチカラがなくては誕生しませんでした。

    微生物は、肉眼では見えないけれど、発酵している時には、
    その自然の営みを目にすることが出来、ドキドキ、ワクワクします☆

    私の中でもここ数年、発酵ブームで、天然酵母を起こしたりしていたのですが、
    最初は静かだったのが、しばらく常温で置いておくと、ブクブクと
    発酵していて、微生物の活動を目の当たりにします。

    耳を当てると、シュワシュワ〜と音を出していて、
    それはそれは、心地良い響きキラキラ

    ちなみに、「にぎり酒」からも酵母を増やしてパンも作れるそうです。
    どんなパンになるのか興味深々!!

    今後も、微生物さんへの興味は尽きませんハート



    アーマラキー生姜茶

    0
      秋頃までの私の朝食は、フルーツや野菜+豆乳で作ったジュース。
      これに「アンチエイジングの果実」と言われる、
      アーマラキーパウダーを混ぜて飲んでいました。


      でも寒くなってきて、生ジュースは気分的に飲む気になれないのと、
      近頃、発酵していないお豆さんに、少し疑問が湧いているので、
      豆乳もお休みしようと思い、さてどうしようか…と考えた結果

      やはり酵素は摂りたいので、生フルーツと、
      冷え性対策のために、生姜とアーマラキーを足した、温かいお茶を飲むことにしました。


      『アーマラキー生姜茶』

      材料は、毎日の生活に欠かせない、「スパイスアーマラキーパウダー」




      前回のブログはこちら→


      そして、生よりも、体の深部から温めるという干し生姜



      なんだか、ビンの底でショボショボしていますが…
      生姜を皮ごと薄くスライスして、洗濯ネットに入れて、天日干しにしました。

      この生姜を、鍋に水と入れて煮立たせます。
      そして、コーヒーフィルターに、アーマラキーを小さじ1杯程。
      これで、1〜2人前出来ます。



      フィルターで漉したお茶に、私はお塩をひとつまみ入れます。
      これは、瓦さんに教えてもらってから、お気に入りの飲み方。
      そのままで飲むよりも、酸味がやわらいで、甘さやうま味が増します。
      さらに甘味が欲しいときは、はちみつや、メープルシロップを入れても…




      ところで、干し生姜は、もの凄く便利で、お鍋を作るときにも入れます。
      私の最近のお気に入りは、『発酵食品鍋』
      キムチ、納豆、味噌に生姜を入れて、具材はその時ある物で…

      そうそう、私はお鍋にもアーマラキーを入れます。
      アーマラキーはビタミンCがたっぷり(オレンジの20倍)ですが、
      熱に壊れにくいのが嬉しいです。

      この鍋、カラダがポカポカになりますよ!


      そして、ポカポカといえば
      足湯もオススメニコッ



      ヘナパウダーとアーマラキーを小さじ1杯ずつ入れます。
      足湯をしながら、アーマラキー茶を飲めば、
      胃腸を温め、代謝が高まり、毒素の排泄を促してくれます。


      この足湯、毎朝の習慣にしたいと思うのですが、なかなか難しい。。。
      ほんの10分でも、こういった時間を作りたいものです。


      ヘナ&ヒーリングサロン コクーン*では、
      頭と髪のヘナ+足湯で、女性の癒し、デトックスを提案します。

      今回ご紹介したアーマラキーも加えていきます。
      ご興味のある方は、こちらのサイトから→

      または、coco☆hena-cocoon.com (☆を@に変えてください)までご連絡くださいね☆



      スパイスアーマラキー

      0
        私の毎日の生活に欠かせないモノのひとつに、スパイスアーマラキーがあります。

        amalaki

        アーユルヴェーダでは、身体や精神に最も良い効果を与えるハーブとして、
        1日1〜2回(女性は午前中に)内服すれば、体を強め活力を与えてくれるそう。

        アーマラキーは『若返りの果実』と呼ばれていますが、
        ビタミンCの宝庫で、しかも熱に壊れにくい!

        ミネラルや、抗酸化物質の含有量が高く、
        細胞を若返らせ、体内組織を増やし、内臓を強化する働きをする
        まさにミラクルハーブキラキラ


        ヘナトリートメントやヘナシャンプー、足湯にも混ぜますが、
        食品なので、あらゆる場面で活躍してくれています。

        私が毎朝飲む、お手製ジュースにも必ず入れますキラキラ

        朝ジュース

        また、マクロビケーキを作るときや、カレー、炒め物、ドレッシングなど、
        何にでも入れちゃいます。
        量は小さじ1杯くらいで良いので、コスパも良い手


        先日、いつもお世話になっている瓦さんのお宅に伺ったとき、
        アーマラキーを、コーヒーフィルターで漉したお茶をいただきました。

        アーマラキーは、(甘味、酸味、辛味、苦味、渋味)の“五味”を備えているのですが、
        アーユルヴェーダでは、健康を維持するためには“六味”の食べ物を摂ることが
        大切だと考えられているそうで、一味足りない塩を加えてくださいました。

        私の飲んだ感覚は、「梅昆布茶」味噌汁
        旨味があっておだしのような感じでした。

        ヘナ&ヒーリングサロン コクーン*では、
        トリートメントを受けていただいたお客様に、
        手渡しで販売させていただいております。

        アーマラキー¥1,575
        リーフヘナ¥1,575
        ハーバルブレンド¥1,890
        インディゴ¥2,100
        (全て税込み価格)

        herb



        1

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        my salon

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM