地球を感じる音楽

0
    生活の中で、耳に残る音楽ってありますよね音符
    意識的にではなく、無意識的に聴いたもの。
    街を歩いているときに流れていた音楽や、お店で流れていた音楽など…
    気が付くと頭の中でリピートされていたりします。


    私は少し前、最近どこかで聴いたわけでもないのに、
    やたらと頭の中で流れる音楽がありました。


    Adiemus




    聴いてもいないのに流れる。。。
    いや、何年も前に聴いたことはありました。
    でもその1回限り。

    あっでも、それから数年後、たまたまドライブ中に
    車から流れてきたことがありました。
    なので2回。


    YouTubeで調べていたら、出てきました。
    その動画を観てなんとなくわかった気が…


    少し前、地球に思いを寄せることが多かったのです。
    マザーガイア(母なる地球)と言われますが、
    女性と地球の繋がりは強いのかもしれません。


    そして地球人として生まれてきて…
    だからこの肉体をもっているのだけど…

    肉体=地球

    だから

    自分の身体を大切にすること=地球を大切にすること

    なんだな〜 なんて思いを巡らしていました。


    もちろん、毎日地球からいただいたものを食べて、からだの中を通過し、
    排泄されたものは、下水処理場で微生物に分解してもらって
    川から海へと流れて行き、それがまた大気となって雨を降らし、
    農作物を育て、私たちの口に入る…という循環を繰り返しているので、
    肉体に取り込むものが、地球のためになるものか、そうではないのか
    っていうことも大切だなって思います。


    そして、この地球を去るときには、否が応にも肉体を脱がなければならない。
    その肉体は、大地に還り(肉体の故郷?)地球になるんだな〜
    地球にいるからこそ(生きているからこそ)この肉体がある。
    そして、私が意識しなくても、毎瞬肉体が保たれるように活動してくれている。
    どんなに不摂生しようとも、けなげに働き続けてくれている。

    そう思うと、毎日頑張ってくれている身体にちゃんと感謝していなかったな〜
    なんて思ったり。。。

    そう気付いて、からだに触れながら「ありがとう」の気持ちを伝える。
    すると、そこには地球から、そして宇宙からの恩恵を
    受けていることに気付いたり。。。


    きっと地球にいる植物や動物達は、それを本当に体現していて、
    生涯をまっとうしているんだろうな〜


    というわけで、音楽に繋がるのですが・・・(前ふりが長い汗

    その音楽を初めて聴いたとき、地球をすごく感じたのですよ地球
    それは、躍動感溢れる力強い地球! 母なる大地のパワー!
    と同時に、地球の痛々しさも押し寄せてくる感じがしました。
    そして、そこでまっすぐに生きている動物や植物に畏敬の念が湧いてくるのです。


    それに比べ人間は。。。って感じなのですが、
    それをも優しく包んでくれる地球。
    そこで活動させていただいている間、
    身体を、私自身を大切にしなきゃな〜なんて思いました。


    今日もありがとうございますキラキラ



    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    my salon

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM