風がくれたメロディ

0
    秋風が心地良くなってきましたね!!

    秋の空気に触れると、なぜあんなに幸せな気分になるんでしょうおかお(幸せ)

    うだるような夏の暑さを経験した後だから、なおさらなのかな。

    四季のある国でよかった! って思います。

    ちょうどよいあんばいの気候って、そんなに長く続くものではなく、
    あっという間に寒い季節になってしまうのですが、
    だからこそ、心地よい秋風は、その土地にいる全ての人へのギフトですね!


    悲しいことに、ここ数年の異常気象で、
    思いもよらない、被害に遭われた方もいらっしゃることと思います。
    それでも私たち日本人は、自然に対して恨みを抱かない心を持っていると思います。
    深いところで、“自然は悪くない”っていうことを分かっているんですね。


    心地よい秋風を感じた今日、思い出した曲があります。

    YouTubeで探したら、静止画像のものしかなかったのが残念なのですが…
    (そのうち、自分でUPできるといいな)

    Richard Bona 『風がくれたメロディ』




    この曲は、以前友人が作ってくれたCDに入っていました。
    自らもバンドマンだった、音楽を愛する友人は、毎回テーマを決めて、
    色々なCDを作ってくれたのですが、1曲ごとにエピソードが添えられていて、
    それを読むのも楽しみでした。
    この曲に添えられていたエピソードの一部を紹介☆

    ・・・昔は言葉より流暢に楽器を弾け、言葉で人を傷つけず、演奏で人を躍らせたり、
    感動させたり、共感し合ったりできたと感じます。
    本当に人って、言葉が他の動物より上手く話せるだけで、
    武器にしてしまうと、人の人生も狂わせてしまう可能性があります。
    なんのために喋ることができるのか、思い直さないといけません・・・

    響く言葉です。


    ちなみにこの歌は、かつてNHKの「みんなのうた」で流れていたそうです。
    歌っているのは、カメルーン出身の天才ベーシスト、『リチャード・ボナ』
    ベースも声も、人柄が出てるな〜って思います。

    優しい顔


    声は倍音が出ているのでしょうか…
    とても心地よく、まさに歌詞の中にもある「ぼくが歌うのは、風がくれたメロディ」


    ドライブしているとき、この曲をかけたら、車に入り込む外の風を感じながら
    なぜか涙が流れてきたことがあります。


    子供も口ずさめる歌を、国の違うカメルーン人が日本語で歌ってくれているのが素敵です。


    秋風って、色々な香りや色、音が混ざっていて、それは“あ〜幸せ〜〜”って感じる
    絶妙なブレンドのように思います。

    ボナの歌とベースも秋風ブレンドのような感じ!
    まぶたを閉じて、秋風を感じながら聴きたいですね音符



    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    my salon

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM