たねびと映画祭

0
    今日、“たねのことを知る1日”という『たねびと映画祭』に行って来ました。

    話題の映画「モンサントの不自然な食べもの」の上映会と、
    固定種野菜料理のランチ&ディナー、
    野口種苗研究所の野口勲さんの講演会といった内容。

    場所はワンキチというレンタルスペース。



    こんな感じでキッチンが右側にあり、映画の上映中もお料理をしていて
    誰かのお家に遊びに来たみたい家


    お料理担当は、ケータリングをされているヒナタノ食堂さん。



    これ全部、固定種野菜で作ったお料理なんです。感激〜ハート


    『固定種』とは
    地域に何世代にも渡って育てられ、自家採種を繰り返すことによって、
    その土地の環境に適応するよう遺伝的に安定していった品種。

    一方、一般に出回っている『F1種』とは
    異なる性質のタネを人工的に掛け合わせて作った雑種の一代目。
    現在世の中に流通している野菜や花のタネの多くがF1種である。

    〈「タネが危ない」 野口勲 著より〉


    -------------------------------------------------------------------------------------

    映画は、巨大多国籍企業「モンサント社」の闇に迫るドキュメンタリー。
    遺伝子組み換えのたねや作物を、バイオ産業の利益拡大のために米国政府が関与し、
    科学的な検証や審査をせず、アメリカ国内外に流出させています。

    「モンサント社」の牛成長ホルモン、除草剤、農薬、枯葉剤などによって
    病気に苦しむ人々や、代々受け継がれた農業を破壊された、農家の葛藤や絶望、
    遺伝子組み換え作物の危険性を訴え、解雇になった学者の苦悩などが描かれていて、
    心が痛みました。涙


    映画の後は、近くの人と感想をシェアして、それを全体の前で発表しました。
    「ツラクなる映画だけど、それだけで終わるのではなく、みんなでシェアして、
    多くの人に知ってもらうことが大事だね」と確認し合えたのが良かったです。

    原発問題もそうですが、今までのウソが表に出てくる今、メディアでは語られない
    本当のことを知って、自分にできることをやることが大事なんだと思います。


    『モンサントの不自然な食べもの』予告編



    渋谷の映画館アップリンクをはじめ、全国で自主上映されています。


    今回、興味のあった野口勲さんのお話は、満席で聞けずに残念。
    でも動画配信もされるようなので、そこで勉強したいです☆



    紅葉散策

    0
      先日、岐阜県高山の奥飛騨温泉郷に、紅葉を見に行って来ました。

      どこまでも続く北アルプスの連峰に圧倒されつつ、日本に住んでいながら
      知らない所が沢山あるんだなーとつくづく感じました。


      ・・・山に行くと言っても自力ではありません
      車とロープウェイという、楽な手段で行って参りました冷や汗




      快晴の空、景色はクッキリ! 紅葉もハッキリ見えました。




      ロープウェイからの景色 山に影が写っています。




      山頂の景色 〜うつくしい〜キラキラ







      登山道入口の遊歩道




      大好きコケさま




      緑の中に大きな紅い葉が…





      普段はなかなか見られない景色に感動しっぱなしでした。

      色々な木や動植物が共存している山は、本当に美しい!!
      大切に残していきたいですねおかお(幸せ)



      『Cocoon Angel』

      0
        先日、とても嬉しいプレゼントをいただきましたニコッ




        『Cocoon Angel』

        大好きなお友達が、お誕生日プレゼントに手作りしてくれたのですプレゼント




        私のサロン、Cocoon* にちなんで、コクーン(繭)の上に
        気持ち良さそうな表情の天使ちゃんが寝そべっています。


        モデルは、私のWebサイトHena & Healing Salon Cocoon*
        トップ画像のキャラクターだそう。

        絵の描けない私が、少しでもヘナのイメージを伝えようと思って描いたイラスト。
        その何倍も可愛く変身させてくれましたキラキラ
        頭のグリーンは、ヘナを表現してくれています。




        上から見るとこんな感じ。




        Cocoon* の文字が…



        ホカホカ繭の上で夢見心地なあの表情。
        お客様にも、あんな風に至福のひとときを過ごしていただきたいな〜って思いますハート

        Hena & Healing Salon Cocoon* をどうぞよろしくお願いいたします。


        *・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*


        この可愛い『Cocoon Angel』を作ってくれたのは、鈴 ゆみこちゃん。

        元々は絵描きさんなのですが、最近はチクチク縫い物などの作品も生み出しているそう。
        絵を描けるだけでも凄いのに、細かやかな縫い物もデキルなんて尊敬しちゃいます☆


        私は、彼女の描く絵も大好きで、WebサイトYumiko Sketch Book
        トップ画像の原画を購入させていただき、部屋に飾っています。



        柔らかで透明感のあるところが大好きですキラキラ


        鈴 ゆみこちゃんは、オリジナルの絵だけではなく、
        オーダーメイドの作品や、壁画制作など、幅広く手掛けています。

        彼女の旦那さまは、前回のブログにも書いたゆうさん
        先日2人で、壁画制作の依頼のため、愛媛県まで行ってきたそうです。

        詳しくはこちら→


        12月には、宮崎県でライブペインティングを夫婦でするのだとか。
        お互い支え合い、アーティストとしても刺激し合える関係。
        周りにいる私たちも、癒される素敵な2人です音符


        この天使ちゃんと私のことをブログでも紹介してくれました。こちら→

        ありがとう!!


        これから天使ちゃんシリーズが、どう広がっていくのかも楽しみです〜ハート



        宗像裕作展『ヒカリノキオク』

        0
          先日お知らせした、ゆうさんの個展に行って来ました。




          ゆうさんの新たな世界を感じさせる大作。
          奥の特等席に展示されていて、遠くから観ても引き込まれる貫禄がありました。





          ギャラリーのオーナーさんは、とてもセンスのある方。
          ご自身のアンティークのビールケースを台にして、傍らにはゴーヤが…
          それが不思議と合っているのです。





          こちらもゆうさんの新たな世界。
          女性的な柔らかさや、あたたかさが感じられました。
          新婚さんだからかな?
          きっと私生活も幸せなんでしょうハート


          今回、月の絵が多かったので、尋ねてみると、
          派手な光ではなく、静けさの中で輝く月の光が好きだとか。

          月は女性性を表すと言いますから、そういう意味でも、
          女性的な面を感じさせる作品が多かったのかもしれませんね。

          その一方、賢者のような存在も絵に登場していて、
          落ち着きと安定感が感じられました。


          毎回変化していくゆうさんの作品の中でも、今回の個展は、個人的に好きです。

          やっぱり結婚したってことは、大きいのかな〜☆
          羨ましいです!



          谷川農園で稲刈り

          0
            以前のブログで、今年田植えした田んぼの稲刈りに参加できなかった。。。
            と書きましたが、なんと延期になっていたらしく、参加することができました。

            来年こそは参加したい! と思っていたことが、1週間後には実現していて嬉しいキラキラ


            稲刈り会を主催されたのは、埼玉にある谷川農園さん。
            無農薬、無化学肥料でお米や野菜を作っている若い農家さんです。
            私も谷川さんの玄米をいただいているのですが、とにかく美味しい手
            お米そのものが美味しいので、シンプルに塩むすびだけでも、とても満足できます。

            そしてそのお米を作っている谷川さんが、凄くピュアで素敵な人。
            自然を仲間のように慕っている目は、キラキラ輝いていますキラキラ
            だからお米も、谷川さんの愛情と自然の恩恵をたっぷりと受けて、
            美味しくなってくれているんだな〜って思います。

            今年は草との闘いだったそうですが、無農薬で作るということは苦労が多いのですね。
            ありがたくいただきます!


            私たちが稲刈りさせていただくのは、黒米を植えた田んぼ。




            田植えは泥遊びみたいで楽しかった〜!




            たわわに実っています☆




            子供も大人もひたすら刈ります。




            ザクザク刈って、午前中には1列干すところまでできました〜!




            お楽しみのお昼は、お母さんお手製のカレー。
            もちろんお米は新米で、玄米と白米のハーフ&ハーフです。




            カエルさんも、稲穂を眺めていました。


            自分たちで植えた苗を、刈り取ることができたのは感動的でしたキラキラ
            竹ざおに干された姿は、嫁入り前の娘のよう。
            恵み多きその場に立っているだけで、幸せな気分になりました顔


            終わった後は、ふかしたお芋でお茶の時間。
            谷川さんのお父さんが語られた、息子さんを信頼している言葉が響きました。
            谷川さん家族は、みなさん温かくて、ほっこりします。

            次は、年末の餅つき大会!! 楽しみにしてます〜おかお(幸せ)



            美しい空

            0
              今日から10月紅葉


              秋本番! なはずですが… 今日の東京は30度越え汗


              まさに、台風一過。
              日本列島を綺麗にお掃除してくれたような、美しい青空を見ると、
              暑さも許せてしまいます。


              「どんなに心が泣いていても、必ず晴れる日が訪れるんだよ」

              自然は、常に変化していくことを教えてくれますねクローバー


              人間も同じキラキラ





              今日も公園に行きました。





              夕日が見える場所で、3脚を置いて本格的に写真を撮っているおじ様が2人。
              後ろに立って写真を撮っていると、「前にどうぞ」と声をかけてくださいました。

              その後気が付くと、周りには老若男女、写真を撮っている人が増えていました。
              みんな他人だけど、同じ景色に感動して共有していると思うと、
              なんだか嬉しくなります。

              「もうすぐ飛行機が通るよ」とおじ様。
              どうやら常連さんのよう。

              ちなみに写真ではわかりづらいですが、左の方に富士山も…。


              たとえ、けんかをしている者同士でも、綺麗な景色を一緒に見たら、憎しみも消えるのでは…
              なんて思ってしまいます。
              分け隔てなく、全ての人に平等に与えられる自然。
              誰のものでもないのに、エゴ丸出しの人間。
              もし宇宙から見たら、おかしくて笑っちゃうかもしれません。

              ・・・と、今日もそんな妄想をしながら秋の夜長を過ごしてます☆



              中秋の名月○

              0
                今日は、中秋の名月。
                ですが、只今台風が縦断中ですね。。。




                昨夜のお月様


                今日は、台風が来る前の貴重な時間に近所のお散歩をしました。
                以前にも書きましたが、私が住んでいる所は緑が多く、
                来る人は、ちょっとした田舎気分が味わえるそう。


                都会のネオンが苦手な私にとっても、圧倒的な緑の多さはとてもありがたいです。


                公園を歩いていると、小さな田んぼを発見。
                子供たちの自然体験として植えているそう。




                今年の春に、埼玉で田植え体験をしたのですが、残念ながら稲刈りには参加できませんでした。
                未だ田植え&稲刈りを体験していないので、来年こそは!!

                昨年の稲刈り体験はかなりの重労働でしたが、稲穂がキラキラとしていて美しく、
                日本人魂が刺激されました☆



                今日の散歩中、どんぐりを抱えた子供がいました。




                突然「僕が取ったどんぐり見せてあげようか」と言われ、ついていくと、
                ベンチに座って読書中のお父さんの隣には、袋にいっぱい入ったどんぐりが…

                話を聞くと、北海道のクマ牧場にどんぐりを持って行くと、入場料が割引になるのだとか。

                ジブリグッズを販売しているどんぐり共和国でも、お金の代わりにどんぐりを貯める
                どんぐり貯金、また明治神宮の森でどんぐりの苗木を育て、植樹活動をしている
                というNPOもありますね。

                縄文時代には、どんぐりを食用にしていたと言いますから、稲同様、
                これもまた日本人魂を刺激されてしまいます。
                なんと言ってもあのコロンとした形が可愛いどんぐり


                そんな自然を堪能した後、食欲の秋ということで、スイーツのまち、自由が丘へ→
                久しぶりにコテコテケーキを食べてしまいました。



                普段はマクロビ寄りの生活をしている私にとっては、かなりのボリューム。
                昔はペロリと食べられたケーキが、こんなにこってりしているとは・・・
                でもお誕生日前ということで、「今日は特別」と言い訳をしつつ
                ありがたくいただきましたケーキ


                テラス席でケーキを食べていると、雲の流れが速くなってきました。
                きれいな青い空にも、明らかに西から台風が近付いてきているよう。。。



                風が吹き荒れる遥か上空では、お月様が静かにいらっしゃるのかな…満月



                個展のご案内

                0
                  秋といえば…紅葉
                  食欲の秋、読書の秋、そして、芸術の秋ですキラキラ


                  そんな芸術の秋におすすめ!


                  宗像 裕作 絵画展 『ヒカリノキオク』






                  宗像 裕作さん(以下ゆうさん)の作品を初めて観たのは、多分5年ほど前。
                  大阪のグループ展に友人と行ったときでした。

                  ギャラリー奥の窓際に、ゆうさんの絵のコーナーが。
                  その前には椅子があり、座って観ていると、時間の流れが変わって、
                  とても気持ちの良い感覚になったことを覚えています。


                  関東を拠点に、全国様々な場所で活動しているゆうさん。
                  個展にも何度か行かせていただきましたが、毎回絵が変化していくのを
                  観るのが楽しみでした。



                  個展の案内状




                  購入したポストカード




                  ゆうさんの絵は、理屈では語れない、眠っているときに見る夢のような世界。
                  同じ絵でも、人によって、また時間によっても違って観えるように思います。

                  絵と向き合っていると、自分の無意識の世界を見る感覚で、ゆうさんの絵に登場する
                  架空の“ひと”や“いきもの”も、何か私たちの内面に存在するような気がしてきます。



                  私は、ゴッホやモディリアーニなどの展覧会に行ったとき、夢分析ではないですが、
                  絵の変化を観ながら、画家自身の“内なる世界”を想像するのが好きでした。

                  特に画家の晩年の絵は興味深く、“苦悩の人生”と言われた画家も、絵を観ると、
                  “実は内なる世界は幸せだったのではないだろうか…”と思ったりします。



                  私の周りは、不思議とアーティストさんが多いのですが、表現することによって、
                  内面の浄化というか、変容を体験できるのが、いつも羨ましいなって思います☆


                  ゆうさんは、只今個展に向けて制作に没頭しているそう。
                  今回はどんな作品が展示されるのか楽しみキラキラ

                  私も6日(土)に行く予定です。

                  『ギャラリー恵風』のオーナーさんも、とても素敵な方。
                  気負わずゆったりと過ごせると思います花

                  JUGEMテーマ:個展



                  風がくれたメロディ

                  0
                    秋風が心地良くなってきましたね!!

                    秋の空気に触れると、なぜあんなに幸せな気分になるんでしょうおかお(幸せ)

                    うだるような夏の暑さを経験した後だから、なおさらなのかな。

                    四季のある国でよかった! って思います。

                    ちょうどよいあんばいの気候って、そんなに長く続くものではなく、
                    あっという間に寒い季節になってしまうのですが、
                    だからこそ、心地よい秋風は、その土地にいる全ての人へのギフトですね!


                    悲しいことに、ここ数年の異常気象で、
                    思いもよらない、被害に遭われた方もいらっしゃることと思います。
                    それでも私たち日本人は、自然に対して恨みを抱かない心を持っていると思います。
                    深いところで、“自然は悪くない”っていうことを分かっているんですね。


                    心地よい秋風を感じた今日、思い出した曲があります。

                    YouTubeで探したら、静止画像のものしかなかったのが残念なのですが…
                    (そのうち、自分でUPできるといいな)

                    Richard Bona 『風がくれたメロディ』




                    この曲は、以前友人が作ってくれたCDに入っていました。
                    自らもバンドマンだった、音楽を愛する友人は、毎回テーマを決めて、
                    色々なCDを作ってくれたのですが、1曲ごとにエピソードが添えられていて、
                    それを読むのも楽しみでした。
                    この曲に添えられていたエピソードの一部を紹介☆

                    ・・・昔は言葉より流暢に楽器を弾け、言葉で人を傷つけず、演奏で人を躍らせたり、
                    感動させたり、共感し合ったりできたと感じます。
                    本当に人って、言葉が他の動物より上手く話せるだけで、
                    武器にしてしまうと、人の人生も狂わせてしまう可能性があります。
                    なんのために喋ることができるのか、思い直さないといけません・・・

                    響く言葉です。


                    ちなみにこの歌は、かつてNHKの「みんなのうた」で流れていたそうです。
                    歌っているのは、カメルーン出身の天才ベーシスト、『リチャード・ボナ』
                    ベースも声も、人柄が出てるな〜って思います。

                    優しい顔


                    声は倍音が出ているのでしょうか…
                    とても心地よく、まさに歌詞の中にもある「ぼくが歌うのは、風がくれたメロディ」


                    ドライブしているとき、この曲をかけたら、車に入り込む外の風を感じながら
                    なぜか涙が流れてきたことがあります。


                    子供も口ずさめる歌を、国の違うカメルーン人が日本語で歌ってくれているのが素敵です。


                    秋風って、色々な香りや色、音が混ざっていて、それは“あ〜幸せ〜〜”って感じる
                    絶妙なブレンドのように思います。

                    ボナの歌とベースも秋風ブレンドのような感じ!
                    まぶたを閉じて、秋風を感じながら聴きたいですね音符



                    地球を感じる音楽

                    0
                      生活の中で、耳に残る音楽ってありますよね音符
                      意識的にではなく、無意識的に聴いたもの。
                      街を歩いているときに流れていた音楽や、お店で流れていた音楽など…
                      気が付くと頭の中でリピートされていたりします。


                      私は少し前、最近どこかで聴いたわけでもないのに、
                      やたらと頭の中で流れる音楽がありました。


                      Adiemus




                      聴いてもいないのに流れる。。。
                      いや、何年も前に聴いたことはありました。
                      でもその1回限り。

                      あっでも、それから数年後、たまたまドライブ中に
                      車から流れてきたことがありました。
                      なので2回。


                      YouTubeで調べていたら、出てきました。
                      その動画を観てなんとなくわかった気が…


                      少し前、地球に思いを寄せることが多かったのです。
                      マザーガイア(母なる地球)と言われますが、
                      女性と地球の繋がりは強いのかもしれません。


                      そして地球人として生まれてきて…
                      だからこの肉体をもっているのだけど…

                      肉体=地球

                      だから

                      自分の身体を大切にすること=地球を大切にすること

                      なんだな〜 なんて思いを巡らしていました。


                      もちろん、毎日地球からいただいたものを食べて、からだの中を通過し、
                      排泄されたものは、下水処理場で微生物に分解してもらって
                      川から海へと流れて行き、それがまた大気となって雨を降らし、
                      農作物を育て、私たちの口に入る…という循環を繰り返しているので、
                      肉体に取り込むものが、地球のためになるものか、そうではないのか
                      っていうことも大切だなって思います。


                      そして、この地球を去るときには、否が応にも肉体を脱がなければならない。
                      その肉体は、大地に還り(肉体の故郷?)地球になるんだな〜
                      地球にいるからこそ(生きているからこそ)この肉体がある。
                      そして、私が意識しなくても、毎瞬肉体が保たれるように活動してくれている。
                      どんなに不摂生しようとも、けなげに働き続けてくれている。

                      そう思うと、毎日頑張ってくれている身体にちゃんと感謝していなかったな〜
                      なんて思ったり。。。

                      そう気付いて、からだに触れながら「ありがとう」の気持ちを伝える。
                      すると、そこには地球から、そして宇宙からの恩恵を
                      受けていることに気付いたり。。。


                      きっと地球にいる植物や動物達は、それを本当に体現していて、
                      生涯をまっとうしているんだろうな〜


                      というわけで、音楽に繋がるのですが・・・(前ふりが長い汗

                      その音楽を初めて聴いたとき、地球をすごく感じたのですよ地球
                      それは、躍動感溢れる力強い地球! 母なる大地のパワー!
                      と同時に、地球の痛々しさも押し寄せてくる感じがしました。
                      そして、そこでまっすぐに生きている動物や植物に畏敬の念が湧いてくるのです。


                      それに比べ人間は。。。って感じなのですが、
                      それをも優しく包んでくれる地球。
                      そこで活動させていただいている間、
                      身体を、私自身を大切にしなきゃな〜なんて思いました。


                      今日もありがとうございますキラキラ




                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      my salon

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM